一般的には、男性の髭が濃かろうが薄かろうが、
ライフスタイルに大きな違いは生まれないはずです。
しかし現実には、たとえば朝しっかりシェービングしても、
午後になると髭がツンツンと生えてきて、人前に立つのに困る・・・
とか、肌が色白なこともあり青髭が目だってしまい周囲に不潔感を与えている気がする・・・
など、髭が薄い人に比べて濃い人の方が悩みが多いかもしれません。
実際に、就職用の証明写真を見てガッカリして、
写真修正などで対応している人は少なくありません。
また、髭がコンプレックスになって、
性格まで内向的になってしまうなんてことだってあります。
髭が濃くなる原因はさまざまですが、
よくいわれることに、男性ホルモンの多さと生活習慣による影響があります。
男性ホルモンに関しては、男性である限り分泌しなくなることはありませんし、
また仮にゼロになってしまえば困ることの方が多いため、あくまでも
体内で生成される男性ホルモンと女性ホルモンのバランスを整えることが大切になります。
日ごろから肉食中心の人は、
男性ホルモンの分泌が多くなるといわれていますし、
夜更かしなどによって生活サイクルが乱れている場合も、
男性ホルモンが過剰に分泌されることがあるようです。
具体的な対策としては、
女性ホルモンを促すといわれる食材、たとえば大豆イソフラボンを
積極的に摂取すればホルモンバランスが整いやすいと考えられます。
大豆イソフラボンを豊富に含む豆腐や納豆などの大豆製品を、
日々の食事に取り入れるとよいでしょう。
また、ストレスを緩和させるために、自分なりにリラックスできる環境を整えてください。
音楽やアロマ、あるいは入浴などで、
毎日の疲れを癒すことができれば、ストレス軽減にもつながるでしょう。

参考:髭が濃い 悩み

関連記事