消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。
以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。
金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。
借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。
また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性の利用者も増えています。
一般的に消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。
消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。
最大貸出限度額は消費者金融の場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1
200万円と高額です。
ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。
又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが誰でも借りれる消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。
消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。
金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。
総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。
従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。
一方、銀行は銀行法なので総量規制がありません。
専業主婦の方でも利用することができます。
近頃の誰でも借りれる消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。
その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。
借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。
一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。
今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。
昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい…というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。
最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。
主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。
就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。
年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされており成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。
消費者金融のキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。
しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。
特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。
カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。
完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。
お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。
ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。
信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。
一方、誰でも借りれる消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。
銀行と誰でも借りれる消費者金融が大きく違う点は業務内容です。
銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。
消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。
その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。
これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。
多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。
完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。
消費者金融業者の借入れ条件やデータはランキングサイトを利用するのが便利です。
各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。
誰でも借りれる消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、誰でも借りれる消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。
さらに公式サイトへのリンクを貼っているすぐに行けるようになっていたりするので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。
また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。
人気が高い金融機関の理由は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。
しかし、消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。
人気ランキング上位を見てみるといずれの誰でも借りれる消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。
条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。
又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。
消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。
バブル崩壊期は酷いもので法律を無視した暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。
現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。
最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。
一方でCMの内容が商品とかけ離れているものも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。
お金を融資してもらうことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。
少し前までは銀行からお金を借りるとなると、融資までにかなり時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。
金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上を確保し、利益を上げています。
銀行と誰でも借りれる消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。
ただし、中には消費者金融よりも金利が高く設定されている銀行カードローンもありますので消費者金融のキャッシングと銀行カードローンには両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。
消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。
銀行は銀行法、誰でも借りれる消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制があります。
これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。
ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。
いくつもの誰でも借りれる消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。
急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なってしまって、で生活費が足りないということがあると思います。
そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。
最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。
そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。
カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。
決まった日時に借入残高の利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。
引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。
そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利子を減らす有効な方法となります。
ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

いまや、アコムのキャッシングサービスの門戸は広がり、フリーターやパートの方でも利用が可能です。
当然、派遣社員の方でも問題なく融資を受けることができるでしょう。
正社員と比較すると、少しばかり信用度が下がるため希望限度額がそのまま通らないことも多いのですが、安定して定期的な給与を得ている場合は、無事に審査を通過し、融資を受けることができるはずです。

ぜひ、詳細もご覧下さい
誰でも借りれる消費者金融とは?おすすめはアコム?【審査に通る】

関連記事


    消費者金融というところは、押しなべてカードローンの審査は甘く、銀行の審査で断られた人でもOKが出ることがあるとのことです。 しかし所得がない人は利用することができないので、頭に入れておきましょう。 銀…


    貸す方の金融機関としては、「お金を借りる当人が確実に職に就いている」 という立証作業を行なうことが不可欠です。 それが在籍確認だと考えてください。 既婚者である方が、家族を養っているという意味で信頼性…


    総量規制により規制が掛かるのは、民間人が資金を融資してもらうという場合です。 その為、個人が業務用資金として借り入れする場合は、総量規制は適用外となります。 無利息の期日中にすべて返すことができなくて…