実際に自宅に太陽光発電を導入しようと思った時はかなり注意しないといけない事があります。
それは一体何かというと、塩害を気にしないといけないです。
それはどうしてかというと、太陽光パネルを設置しようと思った時は海に近い家だと塩害の被害を受けてしまって太陽光パネルの金属部分が錆びてしまって故障してしまうからです。
なので、実際に太陽光発電を導入しようと思った時は自分の家が海岸からどの程度離れているかどうかという点も気にしないといけないです。
それは単に塩害があるから海岸からどの程度家が離れているか調べる必要があるというだけでなく海岸からどの程度離れているのかというので太陽光パネルを設置できるかというのがあるからです。
なので、単に塩害で太陽光パネルが腐食してしまうというだけでなく海外から近い場所に家があるとそもそも太陽光パネルの設置の規制の問題があるのでこれから自宅に太陽光発電を導入しようと思った時はまずは自宅が海岸からどの程度離れているかというのをしっかり調べる必要があります。
それで本当に太陽光発電を導入できるかどうか調べるのが大事です。そうしないと位置的に最初から太陽光発電を導入できない事もあるからです。
太陽光発電について詳しく書いてあるのはこちら⇒太陽光発電 塩害

関連記事


    太陽光発電の普及理由がどういう点にあるのか分かっていない人も多いと思います。 中には太陽光発電が普及した理由は電気代を安くできるくらいにしか思っていない人もいるかと思います。 ですが、それは大きな間違…


    太陽光発電のパネルといっても、ものによって発電効率というのは違います。 パネルの種類によって発電ができる量というのは変化するものです。 実際にどれくらい違うのかというのは以下の通りです。 一番効率がい…


    太陽光発電の買取制度は、電力会社が積極的に余った電力を買い取る動きが見受けられています。 そのため、電力会社が主体となり、このような太陽光発電の買取に関する制度が実現されていると言えるのではないでしょ…


    太陽光発電は夏にこそ発電量が多くなってくれる者というイメージがあると思います。 それもそのはず、夏は日航の寮や時間が多いのですからその分エネルギーになるからです。 ですが、意外に太陽光発電というのは暑…


    家庭用太陽光発電を考える上で出てくる理論がイノベーター理論になります。 では、このイノベーター理論というのは何かというと、それは新しい商品が普及していく理論の事です。 では、このイノベーター理論で言わ…