みなさんは肝斑ってご存知ですか。
肝斑はシミの一種なので見た目がよく似ているため、見分けがつきにくいかもしれません。
ですが、シミとは全く違う原因でできるものなのです。
今のところ、肝斑ができる原因ははっきり特定されているわけではありませんが、女性ホルモンが深く関わっているということが分かっています。
30~40代の女性に多くみられること、男性には発症していないことからそう考えられています。
また、妊娠したり経口避妊薬を服用したりすることがきっかけで発症することもあるからです。
このように女性ホルモンが減少したり、ホルモンの分泌が乱れたりすることが主な原因とされています。
ホルモンバランスの乱れという点では精神的ストレスも影響すると考えられています。
肝斑以外の一般的なシミの原因は、紫外線によってメラニン色素が沈着してしまうことです。
しかし肝斑の場合は、それは発症の原因ではなく症状の悪化に関係するとされています。
色が濃くなるということです。
他にマッサージのやり過ぎなど物理的刺激でも悪化します。
肝斑ができる原因、お分かりいただけましたか。
原因が分かれば対策できることがあるのではないでしょうか。
これまでシミだと思ってクリームを塗っていたけどなかなか良くならないという方、もしかしたらそれは肝斑かもしれませんよ。
詳しく知りたい方はこちらに書いてあるので参考にしてください。⇒肝斑 原因

関連記事