歯がタバコのヤニやコーヒーでの着色で黄ばんでしまったら、どうすれば黄ばみを落とすことが出来るのでしょうか?
通常の歯磨き粉の成分では黄ばみを除去するのに限界があります。
いくつかの方法を調べてみました。

重曹を使って黄ばみを取る

重曹は歯の表面に着色した汚れと結合しているタンパク質を加水分解し、研磨作用によって汚れをこすり落とすのです。
昔から歯磨き粉の一つの成分として使用され、有効な効果があります。
研磨作用が強い重曹は、歯に直接つけて磨くと丈夫な歯を傷つけてしまうこともあるので、
うがいで歯の黄ばみを除去することをおススメします。口臭予防にも効果的です。

重曹を水に溶かして口をゆすぐ
はじめに重曹を用意してください。(料理で使えるもの、工業用ではない)
ドラッグストアやスーパーで買うことが出来ます。
ネットでも買うことが出来ます。
重曹水の作り方は、500mlのペットボトルに小さじ1杯(約3g)を入れます。
そのあとよく振って粒子が見えなくなるくらいまで混ざったら完成です。
・重曹水でうがいを効率よくする方法は、口の中に行きわたるようにくちゅくちゅとうがいをします。
・うがいを終えた後に、歯磨き粉でハミガキをする。

自宅でホワイトニング

ホワイトニング用品で自宅で簡単にホワイトニングして黄ばみを取る。
最近では自宅でホワイトニングできる商品が数多く販売されています。
エステサロンや歯医者のホワイトニングよりも費用がかからず歯の黄ばみを落とすことができます。

ジェル状の商品が最近の主流で、価格帯は5000円未満のものが多いです。
方法は実際に毎日やっている歯磨き粉の代わりに、ホワイトニングジェルで歯を磨くという方法です。
エステサロンや歯医者に行く時間や費用が無い方にはお勧めの方法です。

参考:ちゅらトゥース 口コミ

関連記事


    大事なことは腕の良い医師によるカウンセリング インプラント治療は決してクイックにできる治療ではありません。 長く付き合える“第二の永久歯”だからこそ、しっかりとした検査から 土台作り、埋め込んだインプ…