大事なことは腕の良い医師によるカウンセリング

インプラント治療は決してクイックにできる治療ではありません。
長く付き合える“第二の永久歯”だからこそ、しっかりとした検査から
土台作り、埋め込んだインプラントの結合部分に被せる人口歯の段階まで、
かなり時間をかけて行います。
この工程を受け入れてこそ、しっかりと噛める美しい歯を取り戻すことができるのです。

以下は大まかな治療の流れです。

①簡単な問診と検査
②レントゲンCT撮影
③診療計画の説明
④あごの骨が足りない場合はここで骨作りの手術
⑤インプラントの埋め込み手術
⑥骨とインプラントの結合を待つ(およそ3~6ヶ月)
⑦抜歯・消毒
⑧負荷を与える試験→定着していれば人工歯を装着するための手術へ
⑨時間を置き異常がなければ歯の型取り
⑩人工歯が出来上がり次第、取り付ける
⑪定期的なメンテナンスを続ける

このようにして行われます。

治療内容や流れを知って健康管理にも努めよう

上記の①~⑪の中で、④はあごの骨に問題がなければ不要です。

つまりあごの造骨手術を行わない場合は
⑤が第一段階の外科的な手術になりますね。
当日はまず健康状態のチェックを行い、お口の中をきれいにクリーニングします。
局所麻酔を行った上で手術開始。インプラントを埋め込みます。
術中にCTで慎重に埋め込み位置や角度、深さなども見ていきます。
完成の制度を上げることと安全性を考えたこの工程はとても大切です。

⑥は結合までに個人差があるため、一概には言えませんが
平均3ヶ月ほどで結合できると思えばよいでしょう。
⑧の試験は不合格(埋め直し)となるのは全体のわずか1%程の確率です。
ここまでくればあと一歩といったところ。

これらの過程ももちろん大事ですが、すべて終了したあとの
メンテナンスにしっかり通えるかどうかが一番大事といっても
過言ではありません。

また長い期間かけて行うインプラント治療は、健康状態も無視できません。
元気で順当に治療が終わるように努めていきましょう。

関連記事


    haibisukasu

    私は某デパートのインフォメーションで働いているんですが、大きな悩みがあります。 歯並びが良くないので、歯の矯正治療をしたいと思っているんですが、上司に相談したところ・・・ 「お客様に見られる仕事なの…


    歯がタバコのヤニやコーヒーでの着色で黄ばんでしまったら、どうすれば黄ばみを落とすことが出来るのでしょうか? 通常の歯磨き粉の成分では黄ばみを除去するのに限界があります。 いくつかの方法を調べてみました…


    maegamigirl

    わが子には、3歳の頃からミュージカルをさせています。 初めて見たミュージカルにひどく感動してから、 娘はミュージカルの大ファンになり、 自分も習いたいというのに時間はかかりませんでした。 その娘に広…