外壁塗装をする時は塗料の種類だけでなく色選びもする必要があります。
色選びのポイントは近隣の住宅に合わせた色にするなどいろいろありますが、機能性なども重視したりして色選びをする事もあります。
しかし外壁塗装の色選びはシュミレーション通りにならない事も多いのでしっかり把握しておく必要があります。
そこで機能性で間違いを起こさないように色選びをする時のポイントをいくつか挙げていく事にしましょう。

参考はこちら →色選び 間違い 機能性

色見本を太陽の日差しに当てて確認する

外壁塗装の色選びをする時にカタログなどの色見本を見ますが、実際に外壁塗装をした後と色合いが違う事が多いです。
それによりシュミレーション通りにならない事もよくあるので注意が必要です。
外壁は普段太陽の日差しに当たっているので色見本で色を確認する時も太陽の日差しに当てる事が大切になってきます。

色見本を外壁に当てて確認する

色見本を太陽の日差しに当てて確認した方がいいですが、実際に外壁塗装をするので外壁に当てて確認する事も大切になってきます。
色見本を外壁に当てる事で玄関ドアや屋根などとの相性も確認する事が出来ますし仕上がりをイメージする事も出来ます。
それにより納得のいく色で外壁塗装をする事が出来ます。

関連記事


    外壁塗装をすると外壁や屋根の劣化を抑える事が出来るので家の寿命を長くする事にも繋がっていきます。 また耐震性や防水性なども高まるので快適に日常生活を送る事が出来るようにもなります。 外壁塗装をする事を…


    実際に家の外壁塗装をしようと思った時に考えるのが外壁塗装はどんなものがあるかというのがあります。 ですが、外壁塗装の素人は外壁塗装の塗料はどんなものがあるかというのはその材質でなく、塗料が安いか高いか…


    家の印象や耐久性などに外壁が重要なのと同様に、屋根の素材や仕様によって外観の印象が決まり、屋根によって家の構造部分などの大事なところを保護しています。 だから耐久性・耐震性・防水性・耐熱性・遮音性など…