太陽光発電のパネルといっても、ものによって発電効率というのは違います。
パネルの種類によって発電ができる量というのは変化するものです。
実際にどれくらい違うのかというのは以下の通りです。
一番効率がいいのは、結晶型太陽光パネルです。
住宅で使われているものの大半がこの種類で特にシリコンが大量に入っているようなものの場合には特に発電効率は良く、エネルギー変換率は高いもので20%前後の変換率が期待できます。
産業用のものと比較してもほとんど効率的に破損側がないレベルで、効率を求めるならこの形が一番です。
住宅用で初期費用を抑えたいときには多結晶パネル型のものもあります。
こちらは発電効率はやや落ちるものの、各メーカーの発電効率を比較するとおおよそ変換率は15%から16%付近とちょっと落ちはしますが安く設置できるのが大きな魅力です。
その他には、薄膜シリコンおよび化合物系の薄膜パネルという形式のものもあります。
こちらは設置する住宅の耐久性に問題があったり、もともと従来のパネルであると重さに耐えられないような不安定な場所とかに設置するものです。
薄型ですので、シリコンなどがあまり多く設置できないため発電効率が悪い面もあり、13%くらいから悪いと10%を割るくらいの効率になりますが、設置場所の選択肢は増えます。
違いについてもっと知りたい方はこちらをどうぞ⇒太陽光発電 違い

関連記事


    太陽光発電は夏にこそ発電量が多くなってくれる者というイメージがあると思います。 それもそのはず、夏は日航の寮や時間が多いのですからその分エネルギーになるからです。 ですが、意外に太陽光発電というのは暑…


    実際に自宅に太陽光発電を導入しようと思った時はかなり注意しないといけない事があります。 それは一体何かというと、塩害を気にしないといけないです。 それはどうしてかというと、太陽光パネルを設置しようと思…


    家庭用太陽光発電を考える上で出てくる理論がイノベーター理論になります。 では、このイノベーター理論というのは何かというと、それは新しい商品が普及していく理論の事です。 では、このイノベーター理論で言わ…


    太陽光発電の普及理由がどういう点にあるのか分かっていない人も多いと思います。 中には太陽光発電が普及した理由は電気代を安くできるくらいにしか思っていない人もいるかと思います。 ですが、それは大きな間違…


    太陽光発電の買取制度は、電力会社が積極的に余った電力を買い取る動きが見受けられています。 そのため、電力会社が主体となり、このような太陽光発電の買取に関する制度が実現されていると言えるのではないでしょ…