太陽光発電は夏にこそ発電量が多くなってくれる者というイメージがあると思います。
それもそのはず、夏は日航の寮や時間が多いのですからその分エネルギーになるからです。
ですが、意外に太陽光発電というのは暑さに弱いということをご存知でしょうか?
実は太陽光発電で普及している結晶シリコン系は発電効率を高めやすいのでよく利用される素材ですが、この素材自体がかなり熱に弱いという特徴があるともいえます。
熱にさらされ続けると、素材自体が劣化してしまい、最悪故障の原因にもなりますし、早い段階でのメンテナンスも必要となりますから、意外に熱というのは大敵なのです。
適切な温度はパネル付近の温度が25度あたりが最も発電効率がいいという実験結果が出ており、この温度に保つことが最も重要なのです。
この温度を保つには、表面を冷やす水を散布するような機材を設置したり、パネルに断絶シートのようなものを張ることによって発電効率を下げないように処置を施すことも可能です。
また、素材についても熱に強いものを利用することで、効率を落とさず熱で弱りにくいものを選ぶというのもいい手段です。
暑さについても太陽光発電は色々と気を配らないとなかなか難しいのです。

太陽光発電について、私が参考にしたのはここです⇒太陽光発電 暑さ

関連記事


    太陽光発電のパネルといっても、ものによって発電効率というのは違います。 パネルの種類によって発電ができる量というのは変化するものです。 実際にどれくらい違うのかというのは以下の通りです。 一番効率がい…


    実際に自宅に太陽光発電を導入しようと思った時はかなり注意しないといけない事があります。 それは一体何かというと、塩害を気にしないといけないです。 それはどうしてかというと、太陽光パネルを設置しようと思…


    太陽光発電の普及理由がどういう点にあるのか分かっていない人も多いと思います。 中には太陽光発電が普及した理由は電気代を安くできるくらいにしか思っていない人もいるかと思います。 ですが、それは大きな間違…


    太陽光発電の買取制度は、電力会社が積極的に余った電力を買い取る動きが見受けられています。 そのため、電力会社が主体となり、このような太陽光発電の買取に関する制度が実現されていると言えるのではないでしょ…


    家庭用太陽光発電を考える上で出てくる理論がイノベーター理論になります。 では、このイノベーター理論というのは何かというと、それは新しい商品が普及していく理論の事です。 では、このイノベーター理論で言わ…